世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

【寺社の基礎知識】鰹木(かつおぎ)と千木(ちぎ)

今回は寺社の基礎知識ということで、神社建築の特徴的な要素である鰹木と千木についてと、それにまつわる俗説について解説いたします。

 

目次

 

鰹木(かつおぎ)とは

f:id:hineriman:20190419120737j:plain

(仁科神明宮本殿 鰹木が6本ある)

鰹木は、大棟(屋根のいちばん高い稜線)と直行するように設置された円柱状の部材のことをいいます。形状は完全な円柱のものもありますが、中央が膨らんで太くなった形状のものが正式な鰹木です。近現代の神社の鰹木は完全な円柱だったり、銅板で覆われていたり、両端が金具で装飾されていたりと、実用性と装飾性の都合から様々なバリエーションがあります。本数は神社によって2本から10本まで様々で、その本数にこれといった意味があるわけではないようです。鰹木の本数で祭神の性別がわかる、というのは俗説です(後述)。

名前の由来は膨らんだ形状が魚のカツオの体型や鰹節をイメージさせるから、という説がありますが、諸説あって判然としません。

場合によっては“勝男木”という勇ましい字が当てられることもありますが、これは近代の当て字です。ちなみに、古事記では鰹木をさして“堅魚”(かつお)と書かれています。



千木(ちぎ)とは

f:id:hineriman:20190419121151j:plain

(仁科神明宮本殿 破風板と一体の正式な千木)

千木は屋根の棟に立てられたX字状の部材のことをいいます。破風板(はふいた)の端が屋根を突き抜けて出たものが正式な千木で、本来は破風板と一体になった部材でした。多くの神社の千木は実用性(雨仕舞)の都合から後述の“置き千木”に替えられたり銅板で覆われたりしています。また、鰹木と同様に先端が金具で装飾されているものもあります。

破風板から派生したものなので1つの棟に1組(つまり2つ)だけ設置されるのが正式と言えますが、歴史ある社殿でも3つ以上の千木が設置されている場合が珍しくないです。

名前の由来は不明です。古事記では“氷木”(ひぎ)と書かれていますが、発音しづらいからか“千木”という現代と同じ表記と読みかたが平安時代あたりに出現しています。

 

置き千木

f:id:hineriman:20190418150802j:plain

(妙義神社旧本殿 波己曽社)

置き千木とは破風板と別の部材になった千木のことを指し、正式な千木と区別するための呼称です。棟に置くようにして設置されるのでこのような名前があります。

正式な千木は屋根を突き抜けていて雨仕舞いが悪くなるため、その対策として置き千木が登場したと言われています。しかし、理由はこれだけではありません。「時代が下るにつれて破風板の幅や反りが大きくなったせいで、破風板と一体の千木を造るのが難しくなった」という理由もあります。

別の部材になったとはいえ、やはり木材のままだと雨で腐敗してしまうので、現代では銅板で覆われているものがほとんどです。

 

外削ぎ(そとそぎ)と内削ぎ(うちそぎ)

f:id:hineriman:20190417100428j:plain

外削ぎ(深志神社本殿 祭神はタケミナカタ菅原道真)

 

f:id:hineriman:20190418150831j:plain

内削ぎ(冨士御室浅間神社拝殿 祭神はコノハナノサクヤ)

 

千木は先端の削りかたによって外削ぎ内削ぎに分類できます。先端が垂直に削られているのが外削ぎ水平に削られているのが内削ぎです。

傾向としては外削ぎを採用した神社のほうが多いです。その理由として「内削ぎは木材の切り口が真上を向くので雨を受けやすく、腐敗しやすいため」という説明があります。ですが、私見を述べますと内削ぎも外削ぎも腐敗の早さに大きな差があるとは思えないので、ただの偶然ではないでしょうか。

また、外削ぎの神社は男神が、内削ぎの神社は女神が祀られている、というのは俗説です(後述)。確かにそのような傾向があるのは事実ですが、当てはまらない例も少なくないです。外削ぎを男千木、内削ぎを女千木と呼ぶこともありますが、この呼称は使わない方が無難でしょう。

 

風穴

千木には長方形の風穴が開けられていることがあります。伊勢神宮や仁科神明宮のように風穴が千木の端にまでかかっていて、先端が二股に割れた例もあります。

風穴が開けられる理由に「風で倒れないようにするため」という説明がありますが、本来の千木は破風板と一体だったので倒れるはずがありません。よって千木の風穴はただの装飾で、置き千木の風穴がたまたま風除けの役に立っているだけだろうと私は考えています。

 

鰹木と千木にまつわる俗説

上記でも少し延べましたが、鰹木の本数と千木の削ぎについては以下のような説があります。

男神の神社は、鰹木は奇数本で千木は外削ぎ

・女神の神社は、鰹木は偶数本で千木は内削ぎ

この2説は完全な俗説です。確かに伊勢神宮(内宮・外宮)では該当しますが、他の神社には該当しない場合が珍しくないです。また、神社によっては複数の神が合祀されていることもあり、男神と女神が入り交じっている場合は事情が複雑になってきます。

当ブログで取り上げた神社だと、貫前神社(富岡市)が好例です。鰹木は奇数本(5本)ですが千木は内削ぎ(女千木)となっており、上の俗説では説明がつきません。なお、貫前神社の祭神は女神だと言われていますが、諸説あります。

f:id:hineriman:20190308081101j:plain


最後に

以上、神社の鰹木と千木についての解説でした。

上記の俗説については伊勢神宮でよく語られるので市民権を得てしまっていますが、あくまでもそういう傾向がある、といった程度の認識に留めておきましょう。

鰹木と千木は神社建築の装飾として目立つ存在なので、見かけたらよく観察してみましょう。いくつもの神社を観察しているうちに、何かしらの発見が得られるはずです。当記事が皆様の寺社巡りの一助になれば、私としてこれ以上ない喜びです。