世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺院・神社建築を語る雑記。

寺社の基礎知識

【寺社の基礎知識】寺社建築用語集 あ行

この記事では、当ブログに頻出する寺社建築用語について簡単に説明いたします。 行別 あ / か / さ / た・な / は / ま / や・ら・わ ※他の行は順次アップする予定です い 一宮 いちのみや 一間社 いっけんしゃ 入母屋 いりもや う 内削ぎ うちそぎ え 海老虹梁…

【寺社の基礎知識】鰹木(かつおぎ)と千木(ちぎ)

今回は寺社の基礎知識ということで、神社建築の特徴的な要素である鰹木と千木についてと、それにまつわる俗説について解説いたします。 目次 鰹木(かつおぎ)とは 千木(ちぎ)とは 置き千木 外削ぎ(そとそぎ)と内削ぎ(うちそぎ) 風穴 鰹木と千木にまつわる俗説…

【寺社の基礎知識】屋根の分類

今回は寺社の基礎知識ということで、寺社建築を見分ける手がかりとして重要な屋根についての分類を大まかに解説いたします。 寺社建築の屋根には様々な意匠や装飾がありますが、下記の3点に注目すれば大まかな分類をすることができます。 ・屋根の形式(主に3…