世をひねる

甲信地方(山梨県と長野県)の寺社建築を語る雑記。

【座って食べる駅そば巡り】長野駅「裾花郷」

今回は長野県の鉄道駅内にある立ち食いそば屋(駅そば)巡りということで、長野市長野駅の駅そばについて。

 

f:id:hineriman:20190417150153j:plain

長野駅北陸新幹線篠ノ井線信越本線飯山線湯田中線、しなの鉄道線長野電鉄線の駅で、ホームは新幹線が2面4線、在来線が3面5線の地上駅。長野電鉄線は2面3線の地下駅。

私は十数年ほど長野市に住んでいたことがあり、長野駅周辺はだいぶ自転車で走り回っていたのでこのあたりの土地勘には自信があるつもりなのですが、電車はほとんど利用したことがなかったので改札の先がどうなっているのか分からず、そば屋を探すのに少々手間取りました。

続きを読む

【長野市】小ネタ 権堂商店街周辺の寺社

今回は長野県のマイナー観光地ということで、1記事分のボリュームにはならない小ネタの寺社を幾つか紹介していきます。

権堂町長野駅善光寺の中間あたりにある市街地で、特に歩行者天国の権堂アーケード(権堂商店街)はレトロな映画館やレコード店が現存しており、昭和の残り香が漂う繁華街になっています。また、扇情的な看板を掲げたお店や怪しげな裏路地も幾つか見受けられ、いわゆる夜の街としての側面もあります。

 

今回の小ネタは以下の3件です。

 

続きを読む

【諏訪市】千鹿頭神社と蓼宮神社

今回は長野県のマイナー観光地ということで、2つの神社を紹介していきます。

諏訪というと花火大会のせいで諏訪湖のイメージが強いため、諏訪大社は湖のすぐ近くにありそうな気がするかもしれません。しかし、上社・下社ともに諏訪湖からは割と距離があります。特に上社はとても湖なんて見えないような場所にあり、諏訪湖から諏訪大社上社を目指して移動するとけっこう離れていることに驚くでしょう。

千鹿頭神社(ちかとう-)と蓼宮神社(たでみや-)は、諏訪湖の西岸から上社へ向かって移動している途中で見かけた村社クラスの神社で、もちろん両社とも諏訪大社の系列に属します。

 

目次

  • 千鹿頭神社
  • 蓼宮神社

 

続きを読む

【茅野市】諏訪大社上社前宮 ~諏訪大社最大の謎がここにある?!~

今回は長野県の超メジャー観光地、諏訪大社上社(すわたいしゃ かみしゃ)の前宮(まえみや)について。

 

ご存知の通り諏訪大社には上社・下社があり、両社とも2つの境内を有しています。上社には本宮と前宮、下社には春宮と秋宮があり、都合4つの境内が点在しているということです。ウェブなどのメディアでは“諏訪大社4社(四社)”と呼ばれていますね。

他の3社(本宮と春宮・秋宮)の周辺は飲食店や土産屋が立ち並んでいて観光地化されているのですが、どういうわけか前宮だけは観光地化されておらず、休日でも人出はあまり多くはありません。冬場の積雪している時期に来てみると休日でも閑散としています。そんな地味で不遇な印象のある前宮を解説していきます。

続きを読む

【寺社の基礎知識】鰹木(かつおぎ)と千木(ちぎ)

今回は寺社の基礎知識ということで、神社建築の特徴的な要素である鰹木と千木についてと、それにまつわる俗説について解説いたします。

 

目次

  • 鰹木(かつおぎ)とは
  • 千木(ちぎ)とは
    • 置き千木
    • 外削ぎ(そとそぎ)と内削ぎ(うちそぎ)
    • 風穴
  • 鰹木と千木にまつわる俗説
  • 最後に

 

続きを読む